忍者ブログ
シリウスの日常を不定期更新(^^;; お問い合わせは・・・ technical175@yahoo.co.jp へ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

574766_1425137409_180large.jpg とあるお客さんが以前にヤフオクで購入されたという綺麗なGSR-V後期



車検を依頼されたのですが・・・まぁ正直言いますとヒドイです

いろんなものが漏れているだけならまだかわいいものですが、改造されていた車をノーマルに戻して売ったようでその戻し方があまりにも適当

ブレーキホースにしても二分割のうちなぜか片側だけステンメッシュで片側だけノーマルでカピカピに劣化



どうやらECUもノーマルではない模様、イマイチ調子がよくありません





見た目に騙されちゃ、いけませんね・・・









PR
574766_1413503333_245large.jpg 遠くは長野県からお越し頂きました、エンジン始動困難+不調修理



 ラムダ純正パーツとしての品番は殆ど出ませんが、ランタボスタリオンの部品でひととおり修理が出来ます

 インジェクションミキサも初期型の大型内装式、このタイプはいろいろ調整出来るのでメカニックな立場からは有り難い造りなのです





























タイミングベルト・ウォーターポンプ・オイルシール全数・オイルポンプガスケット交換

どうせバラすならオイルポンプガスケットは換えておきたいものです

8de4629e.jpeg6c141fad.jpeg2e2a1d5b.jpegb8a143e7.jpeg34d20a90.jpeg































ミニカダンガンZZのタイヤ指定サイズは165/60-12なのですが、いまやブリジストンPOTENZA GⅢだけが新品で手に入ります

Playzに順ずるラインナップで、このサイズだけがGⅢのまま新品が出てきます

cbe5cde2.jpeg



















574766_1276060900_76large.jpg  未曾有の円高・・・ アメリカ製パーツを使うなら、今がチャンスかもしれませんね















売約済み ありがとうございました


平成2年式 三菱ミニカ660ダンガンZZ (H22A/MNGF)
検2年付き、87700km、5速MT、エアコン、重ステ、パワーウインドウ、リモコンミラー、カセットステレオ、純正オプション多数、純正アルミホイール、乗用5ナンバー

ミニカダンガンは私自身も計4台乗り継ぎました、とっても楽しいクルマです
三菱ミニカと名の付くクルマは、LA21・A101・A106A・A107A・A107V・H11V・H14V・H21A・H22V・H22A・H27A・H31Aなどなど各種あわせて26台乗った私ですが、H2系が一番多かったですね
そんな中でもこのミニカダンガンはなかなかオツです

ミニカダンガンとヒトクチに言っても、ZZ以外はZZ-4くらいしか知られていませんが、ダンガンSiやダンガンRi-4というバリエーションもあります
その中でも最も辛口と言えるのがFFターボのダンガンZZですね

フルスケール11000rpmのタコメーターは伊達ではなく、三菱エンジンにしては珍しい高回転高出力な3G83 DOHC5バルブターボのパワーは今でも十二分に通用します、レッド9000rpmまでガンガン回してこそ楽しい

このDOHC5バルブエンジンは、分解すると物凄く精巧に作られていることがわかります
ボア65mmの中にバルブが5つもあるもんだから、バルブ直径は親指の爪くらいしかありません
それでいて各バルブに独立してローラーロッカーアームとラッシュアジャスタが配置されている・・・
インジェクタにしても、3つある吸気バルブへ均等に燃料を噴射するべく、1本のインジェクタから3方向に分けて燃料を噴射する「3スプレーインジェクタ」が採用されています
バブル時代でなければとても市販出来なかったであろうとても贅沢かつ精巧なエンジンなのですよ3G8 DOHCエンジンは!

マニアックなことを言えば初期型550cc4ナンバーターボのほうがよりピーキーで楽しいんですが、660ccはトルクとパワーが一段階増えた感触で、市街地走行も乗りやすくなっています
ビュンビュン回るエンジンを5速MTで操る感覚を軽自動車で味わえるのは、今となっては貴重な存在かもしれません、私は15年以上前にランタボのセカンドカーでH21VダンガンZZを買ったのが最初でしたが、ヒール&トゥ+ダブルクラッチを決めるのが通勤での楽しみでした
もちろんミッションをいたわる目的もありましたが、市街地での速度領域でもこういう操作が楽しめるというメリットもありますよね

総合性能では4WDターボのH27Aに軍配が上がるのかもしれませんが、車高が落とせる+車重が軽いFFターボのほうが個人的には好みですw
ブーストが掛かってトルクステアが掛かる重ステを捻じ伏せてこそ、ダンガン乗りでしょう!!



さてこのクルマは・・・
弊社管理ユーザー車でした、オイル管理も良く、メンテナンスは行き届いています
前回車検時にブレーキマスターシリンダ・Fキャリパ・Rホイールシリンダをオーバーホール、ドライブシャフトブーツを交換しています、明細もあります
今年の夏が異様に暑いためか純正のラジエタファンが追いつかないので、BG5レガシィのラジエタファンを改造して取り付けてあります、水温も安定してエアコンもよく効きます
KYBニューSRスペシャルとRS-Rダウンサスが組まれています、適度に車高が落ちていてカッコイイと思います
ブーストメーターとターボタイマーが付いています
ケンウッドのカセットデッキに、純正オプションのドアスピーカーとケンウッドの据置きリヤスピーカーが付いています
ETC付きです
純正オプションの「DOHC 5VALVE INTECOOLERTURBO」リヤゲートガーニッシュと、「MINICA」ドアガーニッシュが付いています、希少品です

外装はボンネットと右リヤフェンダーに10円パンチがあります、左ドアに少凹みがあります、中古車ですので小さな傷は少なくありませんが塗装には艶があって綺麗です
内装はミニカ独特のドアトリム劣化があります、残念ながら運転席シートに破れがあります

代替のため下取りし、当方がたまに乗っています、とても調子が良いです、下回りにオイル漏れなどもありません
10万キロが近いため、タイミングベルト交換をお勧めします
タイヤはポテンザGⅢで、山はボチボチありますがひび割れ劣化があるので交換をお勧めします


陸送の場合は三菱自動車ロジテクノとなります、左記リンクより費用を御確認ください
現車確認は大歓迎です
タイミングベルト交換タイヤ4本ポテンザGⅢ新品交換、納車整備、車検新規2年付き参考乗り出し総支払い額は首都圏地区で29万円です(登録地によって差異は発生します)
オリコローン御利用頂けます(要審査)








<< 前のページ 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |  次のページ >>
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
シリウス関
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1975/08/27
バーコード
ブログ内検索
P R
◆ Powered by Ninja Blog ◆ Template by カニコ
忍者ブログ [PR]